rhの観劇記録

自分用観劇記録として作りました。舞台好き6年目。ミュージカルや2.5次元舞台を中心に見ています。るひまが原点。「天使達」がマイベスト。

る・ひまわりx産経新聞社「る・ひま年末シリーズを振りかえ・る」イベント 大江戸鍋回 5/4

80席のプレミアムなイベント(by 告知のメルマガより)に、GWの大手町に行ってきました。

有料イベント、そしてカメラが入っていたので詳細なレポは控えますが、自分が別日の辻ちゃんたっきー回に行けず、どんな感じだったか知りたいという気持ちがあり、同じ思いの方もいらっしゃると思うので、ごく一部ですが書いてみました。

 

【オープニング】

スーツ姿で入場、記者のたっきーが下手側&カメラマン(一眼レフ肩掛け)龍くんが上手側でご挨拶して着席。

産経新聞社からは、新プロジェクト部のM氏より、ブラックるひま(いいのか!?)&出演の二人の出身地情報を入れ込むご挨拶がありました。

龍くんから「見てない人は左手を…」で見てない人はゼロ、「映像で見た人」で 4分の1ぐらいの方が挙手していたようです。

龍「イベントは2時間半、なのに上演時間2時間15分!」で観客笑い

キャストさん二人から「途中で気になるところがあれば、挙手して質問してください」、と言われたけど、なかなかできないですよね。

後半が始まる時に、一人の方が「二人が印象に残っているシーンを」と言ってくれましたが、質問は事前に募集で良かったのでは…でもまあ見ながら質問が出たほうが臨場感あるか。

全体的に龍くん&たっきーが当時の至らない自分たちの反省と、共演者さんたちのすごさを語る内容が多かったです。初耳の事が多く面白かった!

前半は1時間で休憩、いったん二人はハケて、次の入場の時にアワレン衣装で登場(るひまさんツイッター参照)場内むちゃくちゃテンション上がったけど、特にアワレンの再現とかはなく…やってほしかったなー(T_T)

たっきーがDVDに真剣に見入っていて、何度か龍くんが振っても答えなくて「スルー!?」って言ってた龍くんですが、2回目に同じことがあった時に、客たちに手振りでスルー?ってやってニコッとしてて、可愛くてお茶目でした。

【当時の自分たちを反省する話】

他の人との立ち位置のバランスとか距離感とかがわかってなかった、という龍くん。口論の時には「近づく」という引き出ししかなかった。不破が討ち入りを止める場面で、へいにーにかぶってしまったり。でもこばかつさんは4人対1人を意識して、上手の立ち位置にしっかり存在している。さらに小平太の意識を失うシーンで、なんで爪黒いの?手の位置もおかしい、と自分自身につっこむ龍くん。

たっきーは自分(寺坂)の滑舌をとても反省(そもそも映像が見れない、と言っていた)。

龍:白目ダンスでむっちゃ間違えた日があって、足を痛めた風でひきずって戻ったら大山氏に「龍くんケガ大丈夫!?」って心配された (優しい…)あとで(音響の)天野さんに「めっちゃ間違えてたな」って言われた(笑)

龍:今思うと、大江戸の時の自分たちは、親が初めて見に来た時の授業参観の子供たちみたい。わからなくても張り切って挙手して、目立てばいいー!みたいな。でも今思うとそれはそうじゃない。

 【共演者さんたちがすごい話】

獏さんはとにかく優しい、板(演出の板垣)さんに「お前ら、あの年になったからあれができると思うな、獏さんはできる人だからあの年までこの仕事が続いているんだ」と言われた。

とんぺい師匠をしのぶ2人 そういえばどりじゃんが初・るひまのご出演でしたね…!!(合掌)

コバケン&さと兄二人が三上&石井をいじる場面は完全台本なし あの2人だからできる。

りょーたも22~3(歳)だよね、板さんに「場を支配しろ」って言われてできてるもんなー、あの頃から抜け出てた。

こばかつさんの長台詞すごい、割と最初から台本持たない 龍:でも今の俺らより年下でしょ

滝:内匠頭ぴろしの辞世の句で「いい声だなー」 柳沢みかみ見て「顔綺麗だよね」 片岡の大山さん見て「イケメン!!」 「(序盤のみかみの)テンションがおかしいけど、普段の彼も割とああいう感じ」

龍:みかみは村井より下っていう感覚が抜けない、格とかじゃなく。なぜかというと彼がりょーたに会うといまだに「あっ、上様・・・!!」からの「りょーた」みたいな感じなので。龍くんもたまに彼からいまだに「ブラックさあ」と言われる

【板垣演出の話】

細かく指示するという感じではなく、各人が家とかで考えてきたものを稽古場で出して決めていく感じ。

「僕は面白くないけど、お客さんは面白いんでしょう?じゃあいいよ、やって」と言われることがあり、大江戸の龍くんで言うと「片桐且元、かたくんです!」の下りはそれで採用された。 

 

【時間が10分ほど余ったので、観客からのQ&A】

・「次は水戸か」の裏にあるもの  

・楽屋ではどんな感じで過ごしている?

・エリカが柳澤なことを知っている寺坂を、いまならどんな風に演じるか?

 ・フリーなアドリブシーンは、実際どれくらい作っている?

 ・小平太と林(ブラック)、寺坂と牧野(イエロー)はキャラを変えた?

 ・(白目ダンスのダンス長だった、という龍くんに)ダンス長ってどんなことをした?

・再演できたら良いと思う作品と、やってみたいほかの人の役 

作品⇒滝:どりじゃん 龍:「るフェア」役⇒た:竜馬さん 龍:大石内蔵助

===============================

会場が会議室ということで、予想どおり画面が小さく、座席も会議用のいすを並べて段差もないため、一部見えない。腰も痛い(^_^;) 上映時も完全に暗くないという状態。同じビル内のイベントホール的な大会議室で講演を聞いたことがあるので、あちら側を使ってほしかった、と残念な気持ちになりましたが、龍くんが言う通りほかの制作会社さんでこういうことをやってくださるところは、ほぼないですよね。

今後もるひま作品を楽しみに見続けたいと思います。 

Nostalgic Wonderland ノスワン 2/16夜(ネタバレあり)

初日初回に行ってきました。「恋するブロードウェイ」という若手俳優さんがミュージカル曲を歌うショー形式の舞台を、アメリカンポップス版にしたもの。

公式サイト

promax.co.jp

恋ブロの前回(去年)の感想 「恋するブロードウェイ♪ ~It’s festival!~」 10/15昼、10/16昼夜 感想とセトリ - rhの観劇記録

キャストさんは三浦くん以外たぶん初見。井阪くんは名前とキューブ所属なだけは知っていましたが、ほかのキャストさんはみなさん、お名前もはじめまして。
見終わった感じで、歌レベルは恋ブロより平均的に安定してるメンバーではと思いました。(個人の感想です)

恋ブロは終わった後にセトリが張り出されていたけど、ネタバレ防止なのか、今回は見つけられませんでした。穴だらけですが、覚えてるところをメモっておきます。

客席降り多い!ので通路席だとかなり楽しい。人によってはキャストさんからガン見されます(笑)あとクラップすごい!この曲にはちょっと要らないかなーというのもあったけど、キャストさんが笑顔で手を叩いているので、まあやりますよねw

推しがいないので物販は素通りでしたが、列がとんでもなく長かった。検索するとスタッフさんが2人しかいなかったようです。2日目以降増えるといいですね。

 

さて、これから見る方は以下は見ないでくださいね。

***

***

 

【曲について】

最初の2曲が知らない曲で、あれ?アメリカンポップスのポピュラーなものではないのか…といきなり心配になりましたが、そのあとは全部聞いたことある曲でした(^_^)

歌は大部分が冒頭原詩、あとは日本語でしたが、2曲ぐらい全部英語で歌われたものがあったはず…タイトルが思い出せないー。思い出せないと言えば、松村くんのトランペットで誰か(三浦くん?)と二人での曲も思い出せん。

2曲目、みなさん腰つきがやばい!

トークコーナー。小さい頃のバレンタインの思い出と、バレンタインなのでラブソングを歌うよ!という話。

三浦くんが、昔のアメリカのラブソングは女性の名前が多い、と「いくみ、とか」って言い『ん?』って目をパチクリする郁巳くん。

バレンタインの思い出は、うつみくんだったかな?12個もらってホワイトデーにダースを一個ずつ返した、と。ひろきくんがクッキーをもらって、お返しに手作りはできないーとナビ●コのチョコチップクッキーを、100円ショップで袋とくるくるってするやつして(と言いながら動作)一つずつ入れ、あえて割ってからあげた、という話。

歌は、Sherry(立崇くん)⇒Diana(誰のソロだっけ)⇒君の瞳に恋してる(3分の2は三浦くんソロ⇒後半全員)

Sherryで高音出してる立崇(りす)くん『おおー、JBいける!?ポストあっきーの一人になるか!?』って感じでした。レミゼに出てるし、特技ドイツ語だし、タップ西川くんに習ってるし、すごい人だ。

その後「アメリカンポップスと言えば?」とカーペンターズメドレーで、 Close to You ⇒Top Of The World⇒何か一曲?⇒ Sing

その後ゲストコーナー。Bugs Under Grooves(バグズ)のお二人IYO-P さんとTETSUさん。以前に共演したことがあるのが、肝付くんと三浦くんと井阪くんだったぽい。公演内の一部の曲の振り付けをされたそうです。

次は、ゲストも一緒に「思いよ届け!紙飛行機コーナー」。名前を書いた紙を紙飛行機にして客席に飛ばし、一番飛ばなかった人が罰ゲームでセンブリ茶を飲む、というのをやりました。司会の時人くん、面白い!最初に水とセンブリ茶とチョコが運ばれてきた時に、水だけ一気に飲むwひどいw

美容師さんやってたそうで、キャストのほとんどのヘアをやったり(今日やってもらった人―、と挙手)、髪色や髪型の相談に乗ったそう。

で、紙飛行機が一番飛ばなかった三浦くんがお茶を飲み、ダッシュで袖へ…チョコをしっかりつかんでいった!と言われる笑

いったん全員ハケてから、マイケル・ジャクソンのShe's out of my lifeを、三浦くんと肝付くん。白い衣装で幻想的なダンス。西島数博さんの振り付けだそう。男性二人のペアでホールドがあるバレエを見るのが、新鮮!クラシックバレエ出身の二人、とても美しかったです。そのあとゲスト含む全員でSmooth Criminal⇒ Billy Jeanメドレー。ここはゲストで変わるのかな。矢田ちゃんと内藤くんがどんな曲を歌ったり踊ったりするのか、見られないので気になる。

ここから衣装をチェンジして カジュアルスタイルになったところで、Billy Joel のUptown Girl(三浦くんと井阪くんとあと2人誰だろう…肝付くんがUptown Girl役で、ワンピ+モフモフ+ハットスタイル。お嬢様っぽく気取って歩いてて、可愛い。

三浦くんのベロアロングカーデはナイスチョイス!マサさんの、キラキラつきシルバージャケットもかっこいい!ただし肝付くんのあのジレはミスだと思う…

そこから怒涛のGive me up⇒Saturday Night⇒Dancin' in the street⇒ I want it that way(Back Street Boys!好き!) アンコールが Never can't say good-bye(Jackson5の歌だったのか、と調べていて知る)でした。

とにもかくにも公式の三浦くん押しがすごかった…!きらっきらしてましたしねえ。

また思い出したら追記します。

 

ハダカ座公演Vol.1 「ストリップ学園」 1/15(ネタバレなし)

 はてブロにたくさん記事が上がってマーケされたのと、少しお安く譲っていただいたので行ってきました!新宿Face

【ネタバレなし感想】

「とにかくすべてが全力な舞台」

「また一つ、新しいアイドルステージを見た…!」

「『LOVE兄』(*1)を感じさせる…」でした。

LOVE兄を連想したのは、ネタが微妙(言い方難しいw)なのと、好きな人はむっちゃハマるけどたぶんダメな人はシュールすぎてダメだろうなっていうところですね。

 

【席と紙テープとチップと布】

北の6列で見ました。正面と反対だし、後ろでまったり見ようと思ったけど、4列が通路前で(方角によって違うと思います)おチップタイムやショータイムでいろんな人が踊ってくれたり、ハケる人が良く見えたりとかなり参加できる席でした。正面側での演技は後ろからになるけど、センターステージなので様子はわかるし、むしろ正面の演技の後ろで、別の人たちが細かい演技しているのが見えたりして、良かったです。正面でうづめ様見たらくらくらしそうだから、それも良かった。

ただ紙テープを投げるには遠すぎるのと、前に人がいるので「落ちてかかってしまったら申し訳ないなー」とためらってしまって投げられず。

おチップタイムも、『最前でないと』とSNS出回ってきたけど、わたしが見た公演では、はさめそうなところにキャストさんがきてくれました。ただ物販のポスカが2限(=チップ6枚)しかなかったから、お見送りで渡したくて温存してしまった。物販でチップだけ売ってほしいし、数量限定は残念。

布を振る曲では、お客さんの8割ぐらいは下着中心の布を振ってました。ただ北側だったせいか、お客さんたちがゆるゆるーっと振りはじめるのに気づかず、遅れてしまった。幕ロミュみたいなパトランプほしい。

【お見送り】

公演終わってそのままキャストさんたちが場内の階段に並んでのお見送りでした。左右にキャストさんたちがいるので『どっちに行ったら良いんだ~、一キャストが列にして…』と悩んで以下の3人にチップお渡し。

「ドレスお似合いです♡」園長(顕作さん)「あら、ありがと♪」

「姫華サマ、すっごくお綺麗でした!」姫華さん(ふっきーさん)「ありがとぉ♡♡」

「ランちゃん可愛かった~!」ランちゃん(大和くん)「ありがと~!!またね~!!♡」立ち止まり禁止だったけど、会話できてよかった。

 

www.clie.asia

*1-2012年のるひま舞台。シュール。こばかつさんが花柄ワンピで女装するよ!

http://le-himawari.co.jp/galleries/view/00132/00119

2017年の観劇を振り返るバトン

毎年恒例のバトン、はてブロでも2年目になりました。

昨年のようにどなたか拾ってくれたらとてもうれしいです(^_^)

 

01.2017年行った公演を出来る限り列挙してください。

  イベント、ライブビューイング入れて37公演。去年比22公演減。

 

☆減った原因

・仕事が忙しかったので、平日に観劇に行けなかった

・「ちょっと面白そう」程度のものは、時間とお金を考えて見送った

・複数観劇が減った ですね。

 

1月: (僕図書カウントダウン)、デルフィニア戦記(2回)、ONE LOVE       

2月: ALTAR BOYZ(以下ABZ。Team GOLD 7回、合同1回)、メサイア暁乃刻、板垣塾

3月: アルジャーノンに花束を、刀ミュ三百年、グーテンバーグ!ザ・ミュージカル!、猫のひたいほどワイド・祝1周年感謝祭(夜の部)

4月: スタミュミュ、魔王コント

5月: I Love a PIANO、黒薔薇アリス

6月: 刀ステ義伝、法月康平初単独LIVE

7月: ウエスト・サイド・ストーリー、CLUB SLAZY SCREEN LIVE、NARUTO

8月: レプリカ、モマの火星探検記、チック

9月: BSP秋のトーク祭り!、ファインディング・ネバーランド

10月:マスカレイドミラージュ、Show by Rock!!-深淵のCrossAmbivalence-

11月:デパート!

12月:ALATA、真剣乱舞祭2017(武道館2回)、asiapan、URASUJI、URASUJIスペシャルライブ、ゆく年く・る年師走明治座時代劇祭 Stage Fes(1部と2部(カウントダウン) 

年末はライブ三昧でした。久々にペンラいっぱい振った。

 

02.思い出に残っている公演は?

ABZは前回のREDチームが大好きだったので、今回はどうかなーと懐疑的に見に行ったのに、まんまとGOLDチームにはまった。仕事がちょうどやりくりできたので、行ける限り行ったしイベント回は全部見たので、やり切った感で心に残っています。

 

03.楽しかった公演は?

ABZ以外だとやっぱりスタミュミュ。すべてがキラキラしてた。ステフェスのカウントダウンも、4作品のキャストのクロスオーバー感がすごく楽しかったです。

 しかし実は今年NO.1は、舞台ではなく映画「ホリディ・イン」(ブロードウェイミュの映画館上映)でした。曲とキャストさんの歌とダンスのすばらしさと温かいストーリーが最高。

これについては今度別記事で。

04.泣けた公演は?

ファインディング~は、曲+子役ちゃんの演技が素晴らしいし、両親を相次いで亡くす兄弟の状況に、涙が止まりませんでした。

 

05.もし楽しくなかった公演があったら教えて?

今年は観劇回数が減ったのに、楽しくないものをいくつか見たので、見極め力を高めるのが来年の課題かも。

公演名を挙げてしまうのは、関係者の方に申し訳ないのですが…。

「ONE LOVE」は歌がしっくりこなかった。

「魔王コント」は、下ネタが合わない。そのため、同じ作者のReloveも見送りました。

「チック」は、キャストさんはすごいと思うけど、ストーリーが微妙。

黒薔薇アリス」は過去記事でけなしたので割愛。連れがいなかったら途中退場したと思う。

「ALATA」は、主演の小松くんが顔もスタイルも殺陣も格好良かったけど、外国人向けで台詞なしなのになんかムダなシーンが多かったような…まあ岡村さんなので予想の範囲内。

あと内容関係なく、お客がつらかったのが「猫ひた感謝祭」。後ろの席に、多分観覧も良く来てる風のガヤがいて、応援上映的レベルで客席から声をかけたり、キャストが話してても大声で笑うし、連れと騒ぐし、本当に勘弁してほしかった。そこまでじゃなくても、ほかにもうるさいお客がいたので、またああいう人が近くにいたらと考えてしまい、次回3月のチケットは取りませんでした。

 

06.印象に残った曲は?

①「Caribbean Groove

スタミュミュはどの曲も好きなんだけど、アニメでちょっとしかやらないこの曲を、ちむらぎで衣装も素晴らしい状態で一曲見て聞けたのは、本当に良かったです…!

「星のストライド」も好き。7月の公演ぜったい複数行きます!

 

②レプリカのテーマソング?なのかな?「レプリカの恋♪」って曲

レプリカはキャスト変わってもまた行きたいので、その時に今回キャストのCDが買えるといいな。当時迷って買わなかったのが残念です。国産オリジナルミュージカルで曲がいいのは嬉しいです。

 

③グーテンバーグ!のヘルベチカの歌。メロディーがすごくきれいだけど歌詞的には、るひまの二部的な微妙さ。

 

④Stage Fes登場の各作品の曲。

特に「Prince Night」と「ドラマチックLOVE」はすごく好き!

 

07.印象に残ったトークは?

直近なのでステフェスから。

①新・ウリエの晶吾くんの「おにぎりの具」と「ふりかけの具」のトーク

②「今年の出来事」のお題で、廣瀬レオ兄の「入り時間に起きた」のが今年じゃなかった

③同じく廣瀬レオ兄の「部屋にTVが」→「中学生みたいな」とMCのアメザリさんにつっこまれるw

 

08.行きたかったけど行けなかった公演はある?

 ロズギルは、出遅れたら予想通り取れなかったですねー。まあ行って面白かったかどうかはわからんのですが(笑)

ジョ伝とつはものも、本気出さなかったら、やっぱり取れず。

今思えば、やっぱり見ておけばよかったと思うのは、ハイネと加州単騎。どっちも激戦だったから、挑戦しても取れなかったかもしれないですが。

先日の、上口氏個人ライブ。ABZ歌ってくれたと後で聞いて、行きたかったー!となりました。

 

 09.行きたくなかったけど行った公演はある?

行ってつまらなかったものはあるけど、もし複数取って1回目がつまらなかったらさっさと手放します。

 

10.2017年一番行った会場はどこ?

新宿FACE7回。ほか銀劇5回→ アイア4回。

初めて行ったのはR’sアートコートと三越劇場。武道館には15年ぶりぐらい、大宮ソニックはおそらく20世紀にしか行ってないので、とても久しぶりでした。

 

11.2017年一番見た人は?

あいかわらずの推し不在で、見たいものにふらふらと行ってますが、法くんが10回で最多。ABZとライブとレプリカ。大山氏と松浦さんが9回、ABZ+他公演1回。

もっくん5回、杉江くんとSpiさん各4回。

 

12.遠征はした?

しませんでした!平和!

 

13.公演の前後にあったアクシデントなどがあったらどうぞ。

特になかったです。良かった良かった。あ、でも下記①はもしかしたらアクシデントかな(笑)

 

14.妄想マンセー!2017年は彼らと何回目が合った?

①みほとせで、通路席で赤い服を着ていたら、からちゃんが『ん?俺のファン??』みたいな顔でじーっと見られた後『…違うようだ…』って感じで離れて行きました(笑) うちわ持ってなかったことをあとで後悔した(笑)

 

②「レプリカ」で、マナトが目をそらすところの目線の先が自分の席で、前の席が空いていたので、非常に目が合った感が…マナトの表情がとても切なくて目をそらしてしまった。

 

③モマが最前だったので、案内アンドロイドさんが前を取って行く時に、笑顔と会釈をいただいた。

 

④URASUJIはスズナリ(超コンパクト)なので、普通にほぼ全員と目が合った錯覚がおきました。

 

15.2017年最後の公演は?

「Stage Fes」カウントダウン。

 

16.2018年は、2017年よりたくさん公演に行きたい?

これくらい(月2~3回ペース)が、金額や時間の使い方でちょうど良いと思っています。

とはいえ、すでに観たい公演が8公演あるので、年末になったら予想外に増えているかもしれないです(笑)

いま確保済みは、生執事、Nostalgic Wonderland, パタリロ!、GEMⅡ。

 

17.2018年最初の公演はもう決まっている?

来週が「生執事」です!楽しみー!

  

読んで下さった方、ありがとうございました。楽しい1年と素敵な観劇ライフをお過ごしください(*^_^*)

 

stage fes 第一弾メモ

stage fes2部の帰り道です。

みんな可愛い!楽しかったー!

カウントダウン後、各舞台の代表曲一曲ずつを全員で…と言っても、それぞれの曲の担当以外は舞台上でわちゃわちゃしたり客席降りしたりと盛り上がりました!

二階席だったので、『どうせ来ないさ』と思っていたけど、カズキさんとアレクさんが来てくれました。端だったので目線の先でしたが…。

あと下手の張り出し舞台(梅芸とか草月ホールみたいなやつ)にレム様が腰掛けてるところに、F6和田松が話しかけてるのが上から見えたよ!そのあとデビミュっ子たちがわらわらレム様に並んで座ってました。

 

終了後まだ残っていた観客たちに、ハイネ先生の教育的指導が入って、お開きになりました。