rhの観劇記録

自分用観劇記録として作りました。舞台好き6年目。ミュージカルや2.5次元舞台を中心に見ています。るひまが原点。「天使達」がマイベスト。2012年からアルターを見ていて、いまは2017のGOLDロス中。

中村龍介さんについて

読者さんの推しについて書きます、に2つめのリクエストいただきました。
ありがとうございます(^_^)

 

今回も所属事務所のご本人のプロフページ

中村 龍介 - クィーンズアベニュー公式サイト


を確認したら、2012年から2013年の彼の舞台とイベントはほとんど見てた。月一で見てたんだなー。しみじみ。

 


1.俳優さんの名前は?


中村龍介さん(龍くん、と呼ばせていただいてます)

 

 

2.その人をはじめて知ったのは?

 
名前と顔が一致したのは、アワレンジャーのピューロイベント(2011年秋)かなあ。
その前にも七本槍トメダインでは見ていたのでしょうが。

 
3.その人の出演作品で好きなものある?

 

 ①「大江戸鍋祭」天正と御家断絶と白目ダンスが最高!!!
もう一度、春の上映会で白目ダンス観られた時は嬉しかったな~。
このダンス、SLAZY目線だとEyeballのバックでEndが踊っているという、今となっては
(たぶん)あり得ないことなのが個人的に感慨深い。

 

②「Dance Dance Dance」御家断絶をジャージでやってくださいました。
あとヒップホップの起源やファッションの話が聞けたのがふつうに勉強になった。

 

③「僕等の図書室2」の「ピーターパン」。「あっという間に大きくなっちゃう」というお母さんの台詞は思い出しただけで泣ける。

 

③「メサイア 漆黒ノ章」の三栖さん。珀との対決シーンで、ハードディスク撃たれちゃう前後がいいー!

 

④「どりじゃん」龍くんが完全ダンス要員でいろいろ見られて良かった。紫吹さんとの舞踏会のダンスが長髪タキシードで特に好き。

 

⑤「かみばな」井澤くんとの神社参拝からのダンスバトルが好き。 

 

「モマの火星探検記」は見逃してしまったけど、すごく評判良いので見ればよかったと思います。

 

4.その人のどんなところが良いと思う?

 

ブログの神!! 毎日更新してるし、マネさんのおかげでゲネの画像も多いし、いろいろありがたい。
性格はすごく他人との付き合いを大事にしている感じで、上からは可愛がられ下からは慕われる人だと思います。
あと、客席をよく見てる!うちわを持っている人をいち早く見つけて、龍くんがキャストさんに『あそこにきみのうちわあるよ」的に教えてあげている姿をよく見ました。

ダンスのうまさはもちろんだし、龍くん振付のダンスも好きです。

色白でお肌がきれい。嫌煙家っぽいところも好印象。ただ愛煙家たちとけっこう飲みに行ってるので他人の煙が大丈夫なのか、いつか機会があったら聞いてみたい。 

5. その人はどんな役が似あいそう?

役、っていうのとちょっと違うかもしれないけど、クラブセブン出たら面白いんじゃないかと。
2015年のクラセンに「オフィスラブ」っていうサラリーマンのトレンディドラマ撮影が
、監督と掃除のおばさんのせいでどんどんおかしくなる…というコントがあって、あれに出てほしい(ピンポイントすぎるw)。

こんな感じで書かせていただきました<(_ _)>

せんえつながら、黒羽さんについて

読者さんの推しについて書きます~とブログに書いたらさっそくリクエストいただきました。ありがとうございます(^_^)

失礼があってはいけない、と記事を書く前に所属事務所のプロフページ

黒羽麻璃央 | Vithmic Web

を確認したら、通常は作品名+役名の表記のところ、役名の前に演出家さんの名前が入っていてちょっと驚きました。自分が舞台を見る基準の一つが演出家さんなので、事務所さんに好印象を持ちました。

 

 

1.俳優さんの名前は?

 

黒羽麻璃央さん(まりおくん、と呼ばせていただいてます)

 

2.その人をはじめて知ったのは?

 

名前を知ったのは、青学7代目キャスト発表の時。矢田ちゃんと一慶くんはその前に舞台で見ていたので、この二人が青学に来た!とびっくりした中にお名前を見かけました。『菊丸くん役の子はかっこいい名前だなあ』と思った記憶。顔は認識せず。

その後もテニミュはごくたまにしか見ないので、本公演で観ることもなく…ドリライ2013でようやく見ているはずですが、さっぱり記憶がない。
まりおくんが、とかでなくドリライのキャストの記憶がほぼない。われながら情けない。

名前と顔が一致したのは、刀ミュトライアル公演。遅い。それまでに名前はだいぶ見ていたので、この人か~!三日月さん美しくて歌も良い!ってなりました。
二部の衣装の背中がむっちゃ綺麗で『若手俳優の正しい背中』だなあ…と思った記憶(笑)。

3.その人の出演作品で好きなものある?

 

2つしか見たことないけど、どちらも好きです。

①「らぶフェス」!きらっきらです!ラスト近くで「若い者よ、遊んでくれてうれしかったぞ」的なことをいうのですが、そういう三日月さんが若者のきらきら感にあふれていて、見ていて笑みがこぼれました。

②「男水!」ライバル高の龍鳳(超強豪校)の部長役。
大量の部員を取りまとめる、実力と人望がある人に違いないのですが、
一見したところ、そう言うガチ体育会系のところがなくて飄々としている感じが良い。

「歌姫」は見たフォロワさんがすごくほめてたので、一回見ればよかったと思います。


4.その人のどんなところが良いと思う?

 

爽やかな笑顔。存在自体が周りを落ち着かせてくれそうな感じ。
中の人を全然知らないので合ってるかは不明ですが。

5. その人はどんな役が似あいそう?

 

2011年の舞台で「シャッフル」という5人の若者が騙し合うというお芝居があり、
その中の飄々とした策士役がよさそう(役名忘れた)。
爽やかな笑顔で周りを欺く、実年齢に近い役が見てみたいのだと思います。

男水!の続きも楽しみ(^_^)

皆さんの推しについて書くとか~あなたの推しはどこから?の話

 


素敵なお題!自分がいま推しがいないので書けないといましたが、前にツイッターで「#私の推しについて一言」みたいなタグがあり、フォロワさんに当時の推し評を書いてもらったら新鮮で面白かった、という記憶から、読者さんの推しについて非推しから語るのはどうだろう?と思いついて書いています。とんちんかんなことを書いてしまうかもしれませんが…。


書く内容は

  俳優さんの名前は?/その人をはじめて知ったのは?/その人の出演作品で好きなものある?

どんなところが良いと思う?/ その人はどんな役が似あいそう?

の5つあたり、そして対象は若手俳優さんについてに限らせていただきますが、それでも良ければリクエストお待ちしています。

 

舞台「デルフィニア戦記」第一章(原作ファンの感想)1/26夜

10数年前に原作にすごくはまって、茅田作品語らせたら煩いよ!という自分が、さらに既知の俳優さん多数で舞台化ということで、謎の使命感で行ってみました。うーん、決して悪くない。けどちょいちょい微妙。あるシーンで涙ぐみ、そのあと別の何かでガクッと来て涙が引く、という繰り返しでした(^_^;)

1~4巻を2時間少々(1~3巻で一幕1時間!)と、超ダイジェストでうまくまとめたとは思うけど、原作ファンとしては、リィの超人感とか各キャラの性格や関係性が物足りず…脳内で補完して見ていたけど、フォロワさん方で原作知らない方たちにもわりと好評だったから、良かったのかな。

蕨野さんのウォルと佃井さんのリィはすごく良かった!
二人の出会いのシーンから涙が出た。アクションが格好良いし、キャラに合ってたと思います。
ウォルが国王の息子じゃなかった、と言われたところの静かな対応から高笑い→激昂とか、むっちゃウォル!と思いました。

他のキャラだとドラ将軍が引き締めてたし、シャーミアンも凛々しくて殺陣がかっこよくて良かった。和ものと洋物の殺陣は違うとご本人がインタビュー↓

sisilala.tv

で言っていたけど、剣客商売の三冬ちゃんとかやらないかな。

盆の使い方も面白かったです。


ーーーーここからは個人的に「こうだったらもっと良かった」というところを。俳優さんたちにはまったく問題ないことを先に言っておきます。

・謎の歌とダンスはいらない気がする。ウォルとリィに休憩が必要なのかもしれないけど。

・ナシアスの瞳が水色じゃないのと、黒髪ジルに「コレじゃない感」すごい(ノД`) 最後の最後のジル様登場で、まじ脱力した…ジルとペールゼンは美中年で…(/_;) もう一人美中年であってほしいアヌア侯爵(近衛隊長)は出なかったので脱力せずに済みました。

・全体的に衣装の素材が重くて、軽やかさがない。特にシャーミアンやイヴンやタウの人たちには、もっと軽さがほしい。(自分がイラスト集とかもってないので、あれが原作のデザインなのかもですが)騎士団の人たちの肩周りの金属のアミっぽいレース??も違和感。

・ドゥルーワ王の肖像画を蕨野さんモデルで描いておき、ペールゼンが見上げるとかカリンのシーンでも掲げておけば、よりウォルの正当性が出たのでは。確か原作だと王宮にあったはず。

・林さん、殺陣すっごい素敵だし、声もいいし、かっこいい。でもバルロじゃない~。声的にはウォルとバルロを取り換えたい。

・イヴンにウォルの親友感がない。山口くんは悪くないんだ…! ま、ナシアスとバルロもあんまり絆は感じないし、バルロとウォルが似てないっていう、そもそも感が抜けてますけど。個人的にナシアスとバルロが一番好きなキャラなので、フォロワさんが「出番少ないからよくわからないけど、バルロっていいキャラなのでは?」と言ってくれてとても嬉しい。

・フェルナン伯爵の演技が微妙に棒に思えてしまった。でもここが一番の号泣シーンなので、名演技だとぐしゃぐしゃに泣きそう(原作を読むと毎回号泣する)なのでむしろ良かったかも。

・ガレンスさんももうちょっとオジサマ感のある人が良かった…でもカテコでナシアスさんと二人で謎のポーズとかやってて、ほのぼのしました。


・タウとロアとティレドン騎士団の情報が少なすぎ。あと舞台の悲しいところで、タウは山賊2人しかいないし、ロアは馬が出せないから特徴が出せない。仕方ないとはいえ、馬を乗りこなしてドラ将軍がリィを認める、というのがないのに「バルドゥの娘」と言い出すのは唐突すぎないか。


ルカナンさんは、登場してほしかった(-"-)

・北の塔からあっさり救出される伯爵…!あの難攻不落感はやっぱり舞台だと厳しいだろうなあ(^_^;) メサイア翡翠ノ章だったか、有賀の地下牢のあの辺の描写欲しいわ~と思いながら見てました(わかる人にしかわからないネタ)。

もう一回週末に見てきます(^_^)

いち2.5次元舞台好きの、『男水!』一回目感想


「だんしすいえいぶ」略して「男水!(だんすい)」というドラマが、21日深夜から始まりました(^^)
2.5次元舞台の俳優がメインの地上波ドラマは「メサイア 影青ノ章」がありましたが、放送が東京MX(そのあと他ローカルでも放送)だったのに今回はキー局!推しがいたら嬉しいですよね~ということで、麻璃央くんファンの方が男水に書いて書いたおられるブログはこちらです(^^)

obsidiantan.hatenablog.com

 

自分は原作漫画を2巻までさらりと予習してから見たら、ストーリーやキャラ設定がちょっと原作と違ってました。 


2巻まで読んだところでは、主人公の秀平(松田凌くん)は、水泳部を人数不足で同好会にしないために1年生の滝(さとちゃん)、ダニエル(神永くん)を勧誘。
(この時点でダニエルはカナヅチだが、ドラマではふつうに泳いでた)

秀平は幼馴染の大樹(しゅーとくん)、オネエマネージャー晴美(ともるん)と都大会に向けて練習中。都大会で勝てなくて悔しがる彼ら、特に大樹の才能を見て、顧問の先生が以前の勤務校で名選手だった大学生の川崎(ちゃんとも)をコーチとして招く(ハイキューぽい…?)。

秀平は、都大会で強豪校の主将の仁科(まりおくん)と知り合うが、その後輩でエースの藤川(しんたくん)は秀平と大樹の幼馴染らしい…というあたりでした。
平(廉くん)や神宮(いけぴ)はまだ出てこなかったか、覚えてないだけかもしれない(^_^;)

 

キャラでびっくりしたのは滝くん=さとちゃんのキャラがとんがってたこと。もっとほわほわして可愛いキャラだったはず…?

 

個人的には龍鳳メンバーが気になります。しんたくんと麻璃央くんはもともと気になる俳優さんだし、これから出る櫻井くんも別舞台で見た時に出来る子イメージがあったので楽しみ。と思って調べたら、彼は中学で自由形全国大会出場者だった。ガチ経験者じゃないですか。すごい。

真逆にすごいのが、しんたくん。ほぼ泳げない状態からバタフライだけ特訓でできるようになった、とPON!で言ってて、そんなこと可能なのかと思いました。運動神経良かったらできるのかなー。

 

挿入歌を各校メンバーで歌っているようで、わりと2.5次元舞台メンツの中では歌唱力も悪くない人たちを集めてるので、考えてるなーと思いました(誰目線)。

 

そしてスタッフで特筆したいのは、脚本の吉田さんと制作のポリゴンマジックさん!

吉田さんは今回キャストをはじめ若手舞台や映像脚本をいくつも手がけておられるので、5月の舞台も吉田さんならキャラブレや矛盾がなさそうで安心感があります。メサイアは舞台→映像→舞台で矛盾あって、つっこみどころ多かったから(^_^;)


そして制作のポリゴンマジックさんも、制作舞台の評判がおおむね良い。個人的には去年のハトアリめっちゃツボったので、5月の舞台が楽しみです!

日テレとポリゴンさんがなぜ組んだかとか、ドラマと舞台の違いなどおもしろかった記事はこちら→

日テレ内を口説いた、2.5次元イケメンドラマ『男水!』 - プロデューサー2名が語る、企画の裏側 (1) 局内でも驚かれる、Webの反応 | マイナビニュース

ドラマに関連しての、麻璃央くんとちゃんともの対談はこちら→

廣瀬智紀&黒羽麻璃央、舞台で活躍のイケメンたちがテレビ界に殴り込み! ドラマ『男水!』にこめた"代表戦"の気持ち (1) 互いに成長を見てもらいたい存在 | マイナビニュース

そして公式サイト↓

www.ntv.co.jp