読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

rhの観劇記録

自分用観劇記録として作りました。舞台好き6年目。ミュージカルや2.5次元舞台を中心に見ています。るひまが原点。「天使達」がマイベスト。2012年からアルターを見ていて、いまは2017のGOLDロス中。

「恋するブロードウェイ♪ ~It’s festival!~」 10/15昼、10/16昼夜 感想とセトリ

全体感想/セトリ/キャスト別感想に分けて書きますが、その前にどんな感じの公演かを公式サイトから。

「次代のミュージカルスターを目指す若者たちが、ミュージカルナンバーを惜しみなく披露する、“恋するブロードウェイ♪”シリーズ。今回はオトナの街・恵比寿で、お馴染みのゲストをむかえてのフェスティバルバージョンでお届けします!」 

【出演】常川藍里、内藤大希、法月康平、HERO、三浦宏規、味方良介、森田晋平、矢田悠祐

guest:大山真志(15日出演)、海宝直人(16日出演)【スーパーバイザー】岡幸二郎

 【会場】恵比寿・ザ・ガーデンホール

  

 

【全体感想】

 5回目の上演の恋ブロ。自分は2からの鑑賞。おおむね楽しかったし、SVの岡さんはじめとするスタッフの皆さんがミュージカルとキャストに愛をこめて作られたとは思うのですが、正直全体的にスケールが小さく感じ、今までの恋ブロ(特に3)シックになりました。送料含めて9,000円越えのチケット代の内容かというと、うーん、千楽の飛び入り盛り上がりまで入れたらチケ代に見合うかなあ…?

 

 衣装も今までよりなんとなくグレード下がった感=私服持ち込み?みたいなチープさがあり。入場の時にもらう「恋するおみやげ」は、ロゴ入りマカロン(味が日替わり)。賞味期限短くて要冷蔵で持ち帰りにくい(帰りに崩れた)から要らない。その分衣装か照明代に充ててほしかった…。

 あと替え歌コーナーがグダグダすぎ。普通に稽古の苦労話とかで良かったのでは。 初登場キャストはじめ全員まったく悪くなく、特に初登場組はそれぞれ頑張っていたと思うけど、選曲と歌い手が自分好みではなかったかな。若いキャストたちのキラキラ感を出せるはずの、ディズニーメドレーがなかったのも残念。

選曲と歌い手で言うと、例えば「I’ll cover you」をなぜ法くんエンジェルでやらないの!?「歌うたい人」ですっごいよかったのに!!とか、「One night only」 は矢田法月内藤3名のボーカルに絞って、他のメンバーはバックダンサーで良かったのに~。などと思ってました。タップが少ししかないのも寂しかった。まあタップできる人がほぼ内藤くんだけだろうから仕方ないのですが…「ス・ワンダフル」は恋ブロ3のキャストでタップ付きで見たかった…。

それから「なぜこの人にこの曲にしたか」があまり伝わってこなかったのが、あとから岡さんのブログ 岡幸二郎のエグゼリーノの蒼い溜息 : 『恋するブロードウェイ It’s festival!』終了 を読んで、もったいないなあ、と思いましたね。

 

【セトリ】

曲名(作品名)、(歌った人)←ないものは全員。後ろの数字は初演(映画公開年も含む)。古い作品からの曲が多いかなと思って、気になった作品だけ調べてみました。

 青字はたぶん会場で張り出されたセトリになかったもの、フォロワさんに教えていただきました(^O^) 順番はちょっと違ってるかも。赤字は英語で歌われたものです。

 

  1. Don’t stop belivin’(glee)
  2. How to succeed(How to succeed) (常川)1961
  3. Greased Lightning(Grease) (森田)1971
  4. Foot Loose (Foot Loose)(HERO)
  5. 街灯に寄りかかって (Me & My Girl)(三浦)1937
  6. All I need is the girl (Gypsy)(内藤)1958
  7. My One and Only (My One and Only)(味方)1973
  8. I’ m not my father’s son (Kinky Boots) (矢田)
  9. Luck be a lady(Guys and Dolls)(法月)1950 バックダンスにゲストも加わる(以下2曲ゲストコーナー)
  10. 愛せぬならば(美女と野獣)(大山)/On my own (Les Miserables)(海宝) 

岡さんとゲストでトーク

11. I am what I am (La cage)(大山)/Listen (Dream Girls) (海宝) 

椅子取り→メンバーとゲストでトーク

12. S’wonderful(巴里のアメリカ人)(全員だけど初登場3人がメイン)

13. Once Before I go (The boy from OZ) (味方)

14. Stepping out with my baby (Easter Parade) (矢田)1948

15. Sit down you’re rocking the boat (Guys and Dolls) (内藤) 

味方・内藤トーク(椅子片付けとエレガントとは?の話)

16. Something’s Coming(法月) (West Side Story)

17. ‘Til Him (The Producers) (法月&味方)

18. At the Grand Hotel(The Grand Hotel) (内藤)1989

19. Dancing in the dark (The Band Wagon)1953

20. I’ll cover you (RENT) (矢田&常川)

21. One night only (Dream Girls)

22. Cross the night (Big)

23. Anything goes (Anything goes)1934

24. You can’t stop the beat (Hairspray)2002

25. Don’t stop belivin’(glee) ゲストも加わる

26. You can’t stop the beat(千秋楽のみ)

 

【キャスト別感想】

常川藍里:来年2月のアルターボーイズGOLDチーム出演者。初めて拝見しましたが、しなやかに踊るし歌えるし(音大ミュージカルコース首席卒とのこと)、ルークかアブちゃん役になると思うので楽しみです!

 

内藤大希:デビミュのローエンちゃんぶりに観たのでしたが、さらに歌の安定感が増して、軽やかなダンスも素敵で、来年のマリウスに着々と実力を蓄えてここまで来たのだなあとしみじみ。グランドホテルの歌が特に良くて、再演の時はあっきーとWキャストで次のオットーにどうかしら?と思ってました。

15日昼の椅子取りゲームのコーナーで、矢田ちゃんと半分ずつ座っていたのが、途中から立って矢田ちゃんの方の後ろから腕を回していた(あー、表現力足りない)のが可愛かったです(^O^)

 

法月康平:最近彼を見る時に、何となく喉が疲れている感じの時が多くて心配だったのですが、今回は調子良さそうで良かった。ただなんだか曲が彼にハマってないように思えて、もっと合う曲があるのでは~?と思いました。「Something's coming」良かったけどね。16日昼の椅子取りゲームのコーナーでは、座りそびれたHEROくんと半分ずつ座ってよしよし、ってしてて、さすがお兄さん~優しい(*^_^*)

 

HERO:韓国ですでにアイドルとして活躍してるということで、もっと手慣れたというか、こなれた子なのかと思ったけど、良い意味で期待を裏切られました!くるくる踊ってて客席へのファンサが良くて、いい子だ(^O^)

 

三浦宏規:今回の個人的見どころは三浦くんでした~!先月もテニミュで見てるけど、跡部様とはまた違ったバレエベースのダンスが美しいし、歌も上手くなってるし!気が付いたら背が伸びて、法くんに近づいて…!『大きくなって(ノД`)・゜・。』って完全に親戚のおばちゃんです(笑)

替え歌コーナーの15日昼のお題「丸いもの」ではボールの名前を列挙して「テ~ニスボール♪」…からボールを列挙しての「ラグビーボールは…丸くない~~?」で可愛さ爆発(キャストみんなからも可愛いと言われていた)。

16日夜「有名な2.5次元俳優」で、「しろたゆう(かとうかずき←だったか?おぼろげ)おごえゆうき~♪」からの「みかたりょうすけ/のりづきこうへい/ないとうたいき/やたゆうすけ」→「もう少ししたら…おれ~?(親指で自分を指す)」っていうのがまた可愛かった(笑)

 

森田晋平:93年生まれ?えー!?って驚く落ち着いた感じで、ちょっと伊礼さん風味がある古風なイケメンさんでしたね。和太鼓がすごくできる人のようなので、次の刀ミュの演技部分良さそう(^_^)

 

矢田悠祐: 王家のルカよりさらにお歌がパワーアップしてて素敵でした~!「矢田ちゃんは昭和歌謡のCDを出すべき!」「『君は薔薇より~』を伊礼さんとデュエットして!」と同行者さんと熱く語ってしまった(笑)といいつつ英語の歌も綺麗な発音で歌いこなすところが彼のすごいところ。ローラをやることはないだろうけど、「I’ m not my father’s son」が良かった。

 

海宝直人:(16日出演)白のジャケットでむっちゃボブゴーディオみ。彼が歌うと『ここはガーデンホールではない…!もっと広い別の会場…!!』ってなりました。替え歌コーナーの16日昼のお題「ライバルと思うミュージカル俳優」で、歌おうとして、「ぶはっ」とふいて、気を取り直しても、やっぱり歌えず、もう一度ふいてたのが本気でおもしろかった。「もう来ないよ!」ってはけて行ったところもw

かと思うと、同じコーナーの16日夜のお題「海宝直人と言えば」ではモチーフ曲の「My favorite things」を英語で歌って、またまた会場内をレベルアップさせる先輩、やっぱり素晴らしかった…!