読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

rhの観劇記録

自分用観劇記録として作りました。舞台好き6年目。ミュージカルや2.5次元舞台を中心に見ています。るひまが原点。「天使達」がマイベスト。2012年からアルターを見ていて、いまは2017のGOLDロス中。

いち2.5次元舞台好きの、『男水!』一回目感想


「だんしすいえいぶ」略して「男水!(だんすい)」というドラマが、21日深夜から始まりました(^^)
2.5次元舞台の俳優がメインの地上波ドラマは「メサイア 影青ノ章」がありましたが、放送が東京MX(そのあと他ローカルでも放送)だったのに今回はキー局!推しがいたら嬉しいですよね~ということで、麻璃央くんファンの方が男水に書いて書いたおられるブログはこちらです(^^)

obsidiantan.hatenablog.com

 

自分は原作漫画を2巻までさらりと予習してから見たら、ストーリーやキャラ設定がちょっと原作と違ってました。 


2巻まで読んだところでは、主人公の秀平(松田凌くん)は、水泳部を人数不足で同好会にしないために1年生の滝(さとちゃん)、ダニエル(神永くん)を勧誘。
(この時点でダニエルはカナヅチだが、ドラマではふつうに泳いでた)

秀平は幼馴染の大樹(しゅーとくん)、オネエマネージャー晴美(ともるん)と都大会に向けて練習中。都大会で勝てなくて悔しがる彼ら、特に大樹の才能を見て、顧問の先生が以前の勤務校で名選手だった大学生の川崎(ちゃんとも)をコーチとして招く(ハイキューぽい…?)。

秀平は、都大会で強豪校の主将の仁科(まりおくん)と知り合うが、その後輩でエースの藤川(しんたくん)は秀平と大樹の幼馴染らしい…というあたりでした。
平(廉くん)や神宮(いけぴ)はまだ出てこなかったか、覚えてないだけかもしれない(^_^;)

 

キャラでびっくりしたのは滝くん=さとちゃんのキャラがとんがってたこと。もっとほわほわして可愛いキャラだったはず…?

 

個人的には龍鳳メンバーが気になります。しんたくんと麻璃央くんはもともと気になる俳優さんだし、これから出る櫻井くんも別舞台で見た時に出来る子イメージがあったので楽しみ。と思って調べたら、彼は中学で自由形全国大会出場者だった。ガチ経験者じゃないですか。すごい。

真逆にすごいのが、しんたくん。ほぼ泳げない状態からバタフライだけ特訓でできるようになった、とPON!で言ってて、そんなこと可能なのかと思いました。運動神経良かったらできるのかなー。

 

挿入歌を各校メンバーで歌っているようで、わりと2.5次元舞台メンツの中では歌唱力も悪くない人たちを集めてるので、考えてるなーと思いました(誰目線)。

 

そしてスタッフで特筆したいのは、脚本の吉田さんと制作のポリゴンマジックさん!

吉田さんは今回キャストをはじめ若手舞台や映像脚本をいくつも手がけておられるので、5月の舞台も吉田さんならキャラブレや矛盾がなさそうで安心感があります。メサイアは舞台→映像→舞台で矛盾あって、つっこみどころ多かったから(^_^;)


そして制作のポリゴンマジックさんも、制作舞台の評判がおおむね良い。個人的には去年のハトアリめっちゃツボったので、5月の舞台が楽しみです!

日テレとポリゴンさんがなぜ組んだかとか、ドラマと舞台の違いなどおもしろかった記事はこちら→

日テレ内を口説いた、2.5次元イケメンドラマ『男水!』 - プロデューサー2名が語る、企画の裏側 (1) 局内でも驚かれる、Webの反応 | マイナビニュース

ドラマに関連しての、麻璃央くんとちゃんともの対談はこちら→

廣瀬智紀&黒羽麻璃央、舞台で活躍のイケメンたちがテレビ界に殴り込み! ドラマ『男水!』にこめた"代表戦"の気持ち (1) 互いに成長を見てもらいたい存在 | マイナビニュース

そして公式サイト↓

www.ntv.co.jp