rhの観劇記録

自分用観劇記録として作りました。舞台好き6年目。ミュージカルや2.5次元舞台を中心に見ています。るひまが原点。「天使達」がマイベスト。2012年からアルターを見ていて、いまは2017のGOLDロス中。

法月康平 初単独LIVE 6/18(1部)

【演奏】 はんだすなお(Pf) 仮谷克之(Ba) 杉山隆哉(Gt) 高インボム(Dr) @吉祥寺RJGB

セトリ+自分的覚書とツッコみ。

セトリは公演終了後、会場に張り出されたものに、少々追記しました。


/(スラッシュ)の後はミュージカル名、( )かっこは歌手名です。☆は英語で歌ったもの。

1.Q's Quetion/CLUB SLAZY
2.music(三浦大知
→法月パパの「音域があっているのでは?」とのお薦めでセトリに入れたそうです。
3.☆Separate Ways (Journey)
(MC)
4.Diving to the heart/ブリミュ 
→一護くんの歌。
セトリにはこの題名で記載されていたけど、「Dive into the heart」
じゃなかったっけ…? DVDを人に貸出し中なのでググったけど、確認できない。

5.Defying Gravity/Wicked
セトリを決めているときに、何か少し違うものを…と探していたら、イギリスのミュージカル女優ケリー・エリスとQUEENとのロックバージョンがあったので、キーボードのはんださんがアレンジされたとのこと。

【ゲストコーナー】

昼は大山さんでした。
ヤマ○電機の紙袋を持って登場。「内でも外でもできて」というので、某ゲーム機か、と思わせて、BBQコンロセット。

法君への手紙。
ブリミュで初めて会った時は「大山さん」と言われて、今はこんなに仲良くなるとは…。(『大山さん』とパンフに書いてあると思いますが…」と大山氏が言っていたけど、ブリミュのパンフ確認したら『まーくん』でした。初対面よりお稽古を通じて仲良くなっていたのでしょうね)
ABZですごく仲良くなった、飲むと俺に暴言を言うけどw、数少ない友達、ということでした。
読み終わる頃に…実は白紙、友達なら見なくてもこれくらい言えるだろうと思って、と紙を出して照れる大山氏。

6.☆I'll cover you/RENT
『大山コリンズとデュエットして』と、お手紙でリクエストが多かったので…とのこと。
まあ確かにこの二人ならその組み合わせというのはわかるのですが、個人的には「歌うたい人」の木村コリンズと法くんエンジェルのほうが、オーラが柔らかで良かった気がする。

7.Stars/Les Miserables
大山さんがレミゼプレビューを見て、それまでに予定していた「美女と野獣」の野獣のソロ曲(映画版の、育三郎さんの歌)から変更したい!と連絡があったそう。法くんが『ああ、影響されたんだな』とOKしたそうです。

8.I believe/ALTAR BOYZ
大山さんがアブとマシューのパート、残りの3人パートを法くんで。はんださんのピアノに心が洗われました。

(MC)

9.自慢の息子/アラジン
ご両親に感謝して、と言っていた…と思う。
10. ☆時は永遠に(セリーヌ・ディオン

(MC)

11. Whenever you are (One OK Rock)
12. 何度でも (Dreams come true)
13.☆Don't stop believin'
再び大山さん登場でデュエット。

【アンコール】
14. もしも…/CLUB SLAZY

最後の曲は、歌詞を考えてこれにしました、というようなことだったかと。こちらには大山さんは登場せずでしたが、2部(夜の部)では内藤さんと3人で歌ったそうですね!

また思い出したら加筆します。