rhの観劇記録

自分用観劇記録として作りました。舞台好き6年目。ミュージカルや2.5次元舞台を中心に見ています。るひまが原点。「天使達」がマイベスト。

真剣乱舞祭@武道館 12/8-9 

f:id:khr-rh:20171210213456j:plain

【ざっくり全体】

去年がたいそう楽しかったので、張り切ってチケットを取りました。

8日は1階西(張り出し舞台真横)、9日夜はアリーナ上手端。どちらも客席降りから縁遠い場所で、2階席や前方席がうらやましかった。とはいえ、アリーナではだいぶ視界さえぎられながらも張り出しステージの角が見えたので、ポーズしてはける皆さまが見えてよかったです。

全体に楽しかったし、16振りの刀たちみんな素敵できらきらだったけど、「多すぎて目が足りない」し、ペンラの色も降りたい人が多すぎて悩ましいし、阿津賀志の子たちの出番が少ないと、空間浄化力が足りない気がしてしまった。「大袈裟」が聞きたかった… 改めて、最初のらぶフェスが楽しかったのは、今剣といわとーしとこぎちゃんがあの輝く空間を作ってくれていたなあ…と。

次回はチーム合同(みほとせvs阿津賀志とか、つはものvs幕末とか。かぶる子をどうするかはあるけど)になるのを勝手に期待してます。

【以下、思いつくまま】

17曲目ぐらいのを全員で歌い踊る新曲で、張り出し舞台の持ち上がる部分に乗ってたキャストが、加州・髭切・膝丸・からちゃんという「個人的にこの人のダンスが好き」な4名だったので嬉しかったー!

「つはもの」を見てないので、髭切&膝丸兄弟は初見。

兄者三浦くんはデビュー時の「もうすぐ17歳」を歌った高校生時代を見ているので、彼を舞台で見るたびに親戚のおばちゃんか!という反応になる自分w

一瞬だけ村正もっくんと並ぶところがあって『恋ブロキャスト~~~(ノД`)』となり。さらに各刀が時間遡行軍と戦うシーンで、久々に村正の高めのキックに、メサイア颯真を思い出しました。(回顧厨)

髭切に戻ると、二部衣装なのかな?白いコートでターンした時に、彼の裾だけ滞空時間が長く、余韻が美しかったー!膝丸高野くんとのコンビが、可愛くてダンス力高いので見ていて楽しい。

間組同士の殺陣シーンでは、沖田さんと義経さん(栩原さんとあらけんさん)の組み合わせが自分得でした。

三日月さんの美しいお背中も見られたし、『美しい悲劇』の加州とデュエットの時の画面は輝かしすぎて拝みそうになりました。尊い…!

三日月さんと言えば!!「抱きしめたい」の時の「だきしめたーい」を目を伏せて歌う絵柄の破壊力…!!

加州も全力で讃えたい。運動量すごくて、愛くるしさと力強さが両立してて、りゅーじくんのかしゅーは奇跡の産物ですね! 

とか書いてたら、蜂須賀さんの麗しさを書く時間の余裕がなくなってしまった!また今度!